ロマネスク彫刻の誕生

西ローマ帝国の滅亡以降永らく姿を消していた石造の浮彫彫刻が、11世紀初頭頃に復活し、巨大な彫刻に発展していくさまは、ロマネスク彫刻の誕生として、ヨーロッパ美術史の画期をなすものです。

フランスのロマネスク教会堂の扉口に出現した、巨大な石造彫刻の主要なものをご紹介します。

ヨーロッパ美術の主要な想像力の源泉をなすキリスト教においては、偶像崇拝禁止の歴史により彫刻、特に人像の表現には抑制的な底流がありました。

加えて、ローマ帝国末期には、抽象的表現を好む東方、ケルト、ゲルマンの影響から、古代ギリシャ・ローマの写実的な彫像表現は廃れ、平面的・絵画的な浮彫が主流となっていました。

このため、4世紀から11世紀に至るヨーロッパにおいては、彫刻については暗黒時代で、丸彫彫刻はもちろん、浮彫彫刻でも象牙彫り等の小規模なものを除き、規模の大きな彫刻はほとんどみられませんでした。

ロマネスク最初期の石造の浮彫彫刻とされるのは、フランス、ルーション地方のサン・ジェニ・デ・フォンテーヌ、教会堂扉口、楣石(「まぐさ石」。リンテル。矩形の壁面開口部に、左右の側柱の上部に水平に渡された石材をいう)にある「栄光のキリスト像」で、1020年頃に製作されたものです。

同時期に近郊のサン・タンドレ・デ・ソレードアルル・シュル・テッシュの教会堂扉口に同種の浮彫彫刻が現れます。

これらは規模の小さい浅浮彫りの彫刻でしたが、11世紀末のトゥールーズ、サン・セルナン聖堂周歩廊の「栄光のキリストと使徒像」では、規模も大きく掘りもより深い彫刻がなされるようになります。

巨大な彫刻の出現

サン・セルナン聖堂では、続いて1120年頃に、南扉口(ミェジュヴィル門)のタンパン(扉口のアーチと楣の間にある半円形の壁面をいう)に、「昇天」を主題とした大規模な彫刻が出現します。

Toulouse / St.Sernin「キリストの昇天」

Toulouse / St.Sernin「キリストの昇天」

また、ミディ=ピレネー地方のモワサック、南扉口タンパンには、「黙示録のキリスト」を主題とした巨大な彫刻が現れます。

Moissac「黙示録のキリスト」

Moissac「黙示録のキリスト」

タンパンは教会堂の顔であり、特別に聖なる場所と考えられたため、重要な彫刻はここに掲げられるようになったのです。 

1130年頃になると、ボーリューカオールコンクヴェズレーオータンと相前後して、巨大な石造彫刻のタンパンが教会堂の扉口を飾るようになり、壮大なロマネスク彫刻の時代が花開きます。

Beaulieu sur Dordogne「最後の審判」

Beaulieu sur Dordogne「最後の審判」

Cahors「キリストの昇天」

Cahors「キリストの昇天」

Conques「最後の審判」

Conques「最後の審判」

Vezelay「聖霊降臨」

Vezelay「聖霊降臨」

Autun「最後の審判」

Autun「最後の審判」

彫刻は教会堂の扉口、柱頭、その他の壁面にも施されるようになり、12世紀中頃には、アングレームポワティエのように、ファサード全面を彫刻で覆う教会堂も造られます。

一方、フランス南西部の地域では、タンパンを設けずに、アーキボルト(扉口のアーチに沿って付けられた装飾用の繰形をいう)で扉口を構成する教会堂が多くみられます。

この場合には、オーネーのようにアーキボルトにさまざまな浮彫彫刻が施されることになります。

ゴシック彫刻への移行 

このように、ロマネスクの彫刻は、教会堂の柱や壁面等の構造体そのものに対し施されていましたが、やがて立体性を帯び、円柱から突出した人像円柱を生み出すに至ります。

教会堂の構造体から独立するようになった彫刻は、丸彫人像も許容するゴシック彫刻の先駆けとなりました。